🙇‍♂️2021/11/5ハッキングによる不具合を修正しました🙇‍♂️

神奈川県、湯河原梅林で梅とメジロを撮影してきた!初めての梅ジロー、小鳥撮影を楽しんできた!

こんにちは!Hideyukiです!
2021年2月27日神奈川県は湯河原梅林で梅とメジロ、小鳥を撮影してきました!初めての梅ジロー撮影だったんですけど何とか数枚見せれる写真が撮れました!

湯河原梅林とは

湯河原梅林

神奈川県の湯河原町幕山公園にある梅林で、2月初旬から3月初旬にかけて梅が咲きます。クライミングができる場所があったり、登山の入り口にもなっているので、春は多くの人でにぎわうんです。公園内には紅白の梅、しだれ梅、椿もいっぱいあり、小鳥もたくさんいます。昼から行くと渋滞がひどいので、朝早く行くのがおすすめです。幕山公園の上の方からは梅林を鳥瞰できるので是非とも登ってみてください!

湯河原梅林の梅

湯河原梅林の梅は野生的なんです!私一押しの梅の庭園「鈴鹿の森庭園」とか「いなべ市農業公園」なんかは梅の手入れにめちゃくちゃ力を入れていたりするので、枝に梅の花がびっしり咲いてたりするんです。ところがここは野生的な梅が売りの梅林です。枝や幹には地衣類、枝ぶりも荒々しく自由に伸びていて、歯抜けに花が咲いているところもあれば、びっしり花が詰まっている枝もあります。私が訪れたときは散りはじめで時期を逃している感じがありました。。

今回も多少は梅の撮影をしていますが、どちらかというとメジロ、小鳥メインです!梅の花は別の記事にもしていますのでこちらも是非ご覧ください。

三重県いなべ市農業公園の梅林公園で梅を撮影してきた! 三重県鈴鹿の森庭園で怖いくらい見事で面妖で素晴らしいしだれ梅を撮影してきた! 奈良県月ヶ瀬梅林で雲海と梅を撮影してきた!

今回の撮影

今回は定番の撮影スポットがあるような場所ではないので写真多めです!SIGMA 100-400mm DG DNを買ってからというもの、動物写真が楽しくなって仕方ありません。今回は小鳥をいっぱい撮影しましたが、これがめちゃくちゃ難しいんです!

モデル顔の小鳥

こちらの鳥さんはなかなか良いモデルのような顔をしてくれました。調べたところジョウビタキの雌のようですが、ずいぶんといい顔をしています。

縦にもしてみました。なんだか雑誌のように文字を入れたくなるような雰囲気です!

つがいを撮る

春は動物の恋の季節ですよね!もちろんメジロにとっても同じで、さっきまで喧嘩してたと思ったら、つがいになっているのもいました。

つがいの写真では↓がお気に入りの一枚になりました。

今回のベストショット!

今回のベストショットは2羽のメジロをたまたまとらえることができた、この2枚です!ピントもなかなかあっていていい感じです🥰いやーほんとに粘りました😅

雄と雌なんでしょうか?お互いにらみ合ってから喧嘩が勃発していました😎喧嘩が始まる前にお互いが翼をぴくぴく動かし始めることに気づきました😎

失敗しまくるメジロ撮影

飛び立つ姿が撮りたくて何時間も粘ったのですが、ほとんど失敗写真になってしまいました😅これなんかピントはだいたいあってるのですが、もうちょっとメジロが真ん中付近にいれば…。

梅も撮る

逆光で光がきれいだった瞬間の一枚です。時期がちょっとずれているのもあって梅メインの撮影にはならなかったのですが、いくつか撮ったものを載せました。

終わり際の梅だったので突風が吹いた時には梅吹雪がみれました!いや~美しい!

小鳥撮影会

ツバキのつやつやとした葉に反射した光が玉ボケをつくってくれました!SIGMA 100-400mm DG DNは絞らないと経口食が大きくて真ん丸のボケとはいかないので、多少絞るのがいいんでしょうけどノイズとのトレードオフが難しいなぁ…なんて。。

ジョウビタキの雄も撮影できました!

ジョウビタキ以外にもいっぱい小鳥がいました。名前が分からない…。

カメラ飯

昼ご飯はフードコートのハヤシライス

お昼ご飯はフードコートのハヤシライスをいただきました。ハヤシライスってなかなか家で作らないので久々に食べましたが、美味しいかったです😊甘酒と梅ソフトクリーム🍦も食べちゃいました。

湯河原 B級グルメ 担々焼きそば

夜ご飯は湯河原梅林B級グルメのタンタン焼きそばをいただきました😊ガイドのチラシから餃子の一番亭ってところで食べましたが、野菜たっぷりでおいしい買ったです 😊いい写真が取れた気がしたのでこの日は奮発して鳥肉の胡椒焼みたいなメニューと餃子も追加して超満腹になりました😊

まとめ

梅を撮影しに行った湯河原梅林ですが、ほぼ終わり際だったので小鳥メインになった撮影でした。初めて羽ばたいてるところの撮影に挑みましたが、本当に難しかったですね。。何とか形になったものもいくつか撮影できましたし、アクティブに動いて撮影しに行く小鳥撮影の楽しさが分かりました。でも撮影に粘り過ぎてちょっと疲れてしまったので、小鳥撮影はしばらく時間を空けようかななんて思います笑。それでは!

今回の撮影機材

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です