神奈川県、西平畑公園で河津桜を撮影してきた!メジロとヒヨドリも初めて撮影してみた!

こんにちは!Hideyukiです!
2021年2月21日神奈川県が西平畑公園で早咲きの桜、河津桜を撮影してきました!本当は河津町に本場の河津桜を見に行きたかったのですが、神奈川県にも名所があるとのことなので行ってきました!

河津桜とは

河津桜は濃いピンク色をした早咲きの桜で、伊豆半島河津町で発見されたことにより”河津”という名前を付けられています。大島桜と寒緋桜の自然交雑種で、早咲きの大島桜の特徴と寒緋桜の濃いピンク色を引き継いだ性質を持っています。見頃は2月ごろで、梅と同じ時期かそれよりも早く見ごろを迎えます。

私の地元、北海道には河津桜はなく、神奈川県に引っ越してきてから一年後ぐらいに知ったのでした。北海道の桜はエゾヤマザクラっていう種類のもので、河津桜より色は同等か薄い感じですが、ソメイヨシノよりは全然ピンクの濃い桜です。こんなにも植生が違うんだと日々驚かされますね!

河津桜の色はほんとに美しいんですよ。色は濃いんですけど梅とか、桃みたいに厚い花びらじゃないので光に透けたらまた美しいです。

西平畑公園とは

西平畑公園は神奈川県松田町にある公園で、河津桜の名所の一つです。神奈川県で多量の河津桜が見たいならココか、この公園の上に続いているあぐりパーク嵯峨山苑、後は三浦海岸の河津桜あたりになることでしょう。2021年は新型コロナウイルス対策の自粛期間でしたので、人が少なかったらしいです。ほどよい込み具合で楽しめました。県内に住んでいてよかったです!

今回の撮影

富士山と一緒に

この日は超快晴で富士山もばっちり見える最高の天気でした。奥の方はちょっとかすんでますかね?桜と富士山ってホント日本を代表する風景って感じです。北海道にいるとき富士山の事なんか考えたこともありませんでしたが笑。

先ほどの写真は地面も入れてもっといい構図で撮りたかったのですが、人が多くて泣く泣く地面削ったんです。。写真を撮っていると前に滅茶苦茶おしゃれな着物?を着たカメラマンが映えていました。

ここからの風景が凄い良かったのですが、もっと午前中の日の傾いている時に取ればよかったなーと思いました。

ヒヨドリを撮ってみた!

本当は河津桜×メジロの組み合わせをいっぱい撮りたかったのですが、ヒヨドリがメジロを追い掛け回す回すで全然メジロの撮影チャンスがなかったのでヒヨドリいっぱい撮りました。

ヒヨドリも可愛いですよね!

飛び立つ姿を撮りたいなと思って粘って粘って何とか撮れた一枚です。うーん大変でした😇

メジロを撮ってみた

桜の中にいるメジロをずっと撮ってみたかったんですよね!なんせ、ついこないだまで望遠レンズを持っていなかったもので。。Sigma 100-400mm DG DNが発売されたので、やっとのことで撮影することができました🥰パキッとクリアな写真が好きなので、↓みたいなコントラスト下げ下げのフェードがかかったみたいな現像はあまりしないのですが、領域を広げる思いでやってみました!なかなか満足しています🥰

葉桜とメジロってのもなかなか面白いですねぇ。

今回唯一撮れた飛び立つ瞬間です、もっと羽ばたいていればいい写真になったかもですが。。今回はチャンスに恵まれませんでした😱

失敗写真: メジロ

今回初めて気合を入れて撮ったメジロですが、本当に難しかったです🤢🤢🤢🤢🤢これなんかめちゃくちゃいいタイミングでシャッター切れてかつピントもあっていると思うんですが。。肝心のメジロの顔が枝に隠れて撮れていません😭😡🤬

こちらはボケボケ写真です😘いやーここまで小鳥の写真が難しいとは…。という苦い思い出になりました笑。

失敗写真?: 白い河津桜

西平畑公園には白い河津桜もあるんです!大島桜の白を色濃く受け継いでいるみたいですよ!で、ここで話したいのはもう一つあって、左の〇ボケを見てください。レモンのような形になってますね?これほんとに良くないなぁって最近思います。。もう少し絞って撮ればよかったって思いました。。。これは経口食の影響を受けたボケで、レンズ解放付近で起こる現象なんです。細かいところで気づければなぁって思いました!

今回のカメラ飯 中沢酒造「酒ケーキ」

今回はこちらの中沢酒造で、酒ケーキなるものを買ってみました。例年どおりなら混み合っているようですが、こちらもガラガラです。早く気にせずに歩ける日が来て欲しいものです。

酒ケーキです。なかなかのお値段ですが。折角来たので買ってしまいました。私、下戸ですので酒は飲めないのでこちら購入です。

まとめ

今回は神奈川県西平畑公園で河津桜と、初めてのメジロ、ヒヨドリ撮影に挑みました。天気は良かったものの、小鳥の撮影には惨敗してしまいました。この春中に何とかリベンジしたいですね!それでは!

今回の撮影機材

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です