初めてのレインウェアにFinetrack Ever Breath Photon Jacket & Pantsを買ってみたのでレビューする!ファーストインプレッション編

こんにちは!Hideyukiです!
ついに初めての商品レビューです!

この夏初めての登山専用のレインウェアにエバーブレスフォトンを購入しました。 登山をするのであればいつかは買わなくてはいけないものの一つレインウェアをレビューします。

過去にはこんなことがありました。初めての富士山登山で雨に降られたのです。その時に持っていた雨具はユニクロのブロックテックパーカ、とヨネックスのウインドブレーカーのズボンです。登山用品ではないこれらの装備は表面に雨が張り付き、裏側は汗でべたついて非常に深いです。さらにいうと、この装備では全然防水などできてなく、びっちゃびちゃだったわけです。この時は気温も低く、生命の危機を感じました。水分が体に張り付くということは、体から体温を奪うことになり、非常に危険なのです。

と、いうわけで今年から本格的に登山始めたのでどうせなら良いやつが欲しいということで、今回はFinetrackのエバーブレスフォトンというレインウェアに決めたのです。

Finetrackとは

Finetrackは2004年に設立された日本の登山用品メーカーです。 「遊び手=創り手」 というキーワードをもとに、アウトドア経験を積み重ねた社員が商品にアイデアを盛り込んでいるようです。製品は国産で素材開発からこだわりを持って製品を開発しているメーカーです。他のアウトドアメーカーのように大々的な宣伝は行っていないこともあり、 私は登山を始めてからこのメーカーのことを知りました。 2018年上高地~涸沢間で履いている人を多く見かけました。Finetrack関係者が、トレッキングパンツについてアンケートを行っているのを機にこのメーカーを知りました。
https://www.finetrack.com/

EVERBREATH®とは

EVERBREATH®はFinetrackが開発した防水透湿素材の生地です。簡単に表現すればGORE-TEX®の伸縮性をアップさせた生地みたいですね。 GORE-TEX® はあのパリッっとした感じが良いと思っているのですが、弱点は伸びず動きずらいことにある、と評価されているようです。エバーブレスフォトンは3レイヤーからなるEVERBREATH®生地が使われています。

他の候補を見てみる

今回の購入にあたり、以下の商品をチェックしました。私の悪い癖ですが、長く使うものは入念なチェックをし、数か月も検討してしまいます笑

  • THE NORTH FACE スーパークライムジャケット
  • Mont-Bell ストームクルーザー
  • Finetrack エバーブレスフォトン

THE NORTH FACE スーパークライムジャケット

https://www.goldwin.co.jp/tnf/ec/pro/disp/2/NP11910

3レイヤーのゴアテックス C-KNIT(伸縮性多少有り)を使ったレインウェアです。このレインウェアなんて言ったってかっこよいんです。THE NORTH FACEって山用用品でもアパレルのカッコよさをそのまま持ってきている感じがほんとにいいんですよね。裏面も黄色は好みが分かれそうですが、緊急時に目立つこともできるようです。ベンチレーションは腕から脇を通って脇腹までタイプですね。しかし、今回の候補の中で一番高いのが難点です。

Mont-Bell ストームクルーザー

https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1128615

言わずと知れた国産アウトドアブランドのモンベルのレインウェアです。なんといってもコスパが良い、それに限ります。登山初心者にも買いやすい値段設定かつ、3レイヤーのゴアテックスを使った機能性も備えているという優れものです。パンツも優秀でこの3つの中で唯一ジッパーで完全に前後を分断できるようになったものがあります。雨の中靴を履いていてもパンツの中を泥で汚さずに履くことができます。

Finetrack エバーブレスフォトン

https://www.finetrack.com/shopping/products/detail-FAM0321/

EVERBREATH®3レイヤー生地を使ったレインウェアです。表の生地がパンツと違うのが気になりました。下記で詳細レビューをしてみます。

比較まとめ(2019年9月30日現在)

THE NORTH FACE
スーパークライムジャケット
Mont-Bell
ストームクルーザー
Finetrack
エバーブレスフォトン
生地GORE-TEX®3レイヤー、 20デニール (裏地黄色) GORE-TEX®3レイヤー、 20デニール EVERBREATH®3レイヤー 、15デニール
8色((FK)ファイアリーレッド×ブラック、(TB)TNFブルー、(NT)ニュートープ、(FR)ファイアリーレッド、(AB)アズテックブルー、(VG)バナディスグレー、(UN)アーバンネイビー、(K)ブラック)7色(ブラウンサンド(BNSD)、ダークチャコール(DKCH)、ダークティール(DKTL)、マスタード(MST)、プライムグリーン(PMGN)、プライマリーブルー(PRBL)、レッド(RD))4色(TI(チタン) 、SI(シグナルレッド) 、GC(グリーンシトラス)、CB(セルリアンブルー))
重さジャケット: 340g(Lサイズ)
クライムライトジップパンツ: 240g(Lサイズ)
ジャケット: 254g(平均)
フルジップパンツ: 280g(平均)
ジャケット: 280g(不明)
パンツ: 205g
ベンチレーション×
価格45,360円(税込)20,800円(税抜)24,840円(税込)

購入の決め手

モンベルは一番安くて機能も良い…。でも、どうしてもベンチレーションが欲しくて今回は候補から外しました。被りそうですし…。正直なところ一番かっこいいのはスーパークライムジャケットでした。もうこれに決めかけたんですが、店頭で見ててシームテープの正確さが、気になりました。なんか中心を外してつけてる箇所が目立っていたんです。こうゆうところが気になってしまうタイプなんです笑。高いですし、この時は欲しいレンズもあって無理だ…となりました。ということで、つくりも機能良く、値段も手ごろなFinetrackに決めました。下記に良い点と気になる点をまとめました。

良い点

  • 手ごろな値段設定
  • コストパフォーマンスの良さ
  • 汗をかいてもサラサラ
  • 手首のマジックテープがかっこいい
  • 生地が伸びる

気になる点

  • ポケットの位置(胸内側外側に1つずつ)
  • THE NORTH FACE、Arcterixのように色・デザインにかっこよさがない
  • ベンチレーションの位置
  • ジャケットとパンツの素材が違う

細かく見てみる

今回はFinetrack製品が良くそろっていた好日山荘 横浜店で購入しました。好日山荘ではグレーの取り扱いがなかったので、Finetrackから取り寄せてもらいました!登山では目立つ色を選ぶ方がいいのでしょうが、どうしても地味な色が好きなんです!

Finetrackの袋に入っています。取り寄せならではかもしれません。

Finetrackのマークです。アイロンで張り付けるタイプでした。使ってるうちに剥がれたらいやですね…。私は登山を始めてからまだ1年なので見慣れてないマークです。ブランド力が感じられません笑

メインのジッパーはごつくて堅牢そうです。Finetrackのロゴが入っています。オリジナルジッパーですね。もちろんYKK製でした。THE NORTH FACEのスーパークライムジャケットは軽量化を重視していましたが、私にはグラム単位で軽量化する必要は感じないので、丈夫そうで金属製のデザインもよいこちらが好みです。しっかり止水できそうです。こんなこと書いておきながらですが、エバーブレスフォトンの方がトータルで軽かったです笑。

手首のマジックテープが非常に変わっています。

接着面はこのようになっています。こんな見た目でくっつくのかというような感じがします。実際、接着力は普通のマジックテープよりも弱めです。普通に使えば剥がれてしまうようなことはなさそうです。このマジックテープ、何よりもよいことがひとつあります。普通のマジックテープなら他の布などにくっついて痛めてしまったりしますが、これは対応するマジックテープ以外くっつかないのです!本当に地味なんですが、ここはかなりのメリットでした。

ベンチレーションは他のメーカーでよくみられる脇にあるのではなく、ザックと鑑賞しない位置にあります。Finetrackではリンクベント®という名前がついています。Finetrackの上着はすべて同じ位置にリンクベント®があり、2枚重ねようが3枚重ねようが簡単にベンチレーションを機能させることができます。脇を解放できないのには好みが分かれそうです。ちなみに私は脇が解放できる方が、良いかなと思っています。リンクベント®は解放できる範囲も他メーカーと比べて小さいです。この写真からもわかる通り作りは非常に良いです。

胸ポケットの写真も撮りました。私のスマートフォンはGalaxy note8でかなり大きい部類ですが、余裕があるのが分かると思います。手袋をつけていても扱いやすそうで好印象です。

収納袋が付属します。登山用のレインコートには大抵収納袋がついてくるんです。

収納してみました。結構余裕があります。ジャケットの色に合わせて収納袋にも灰色のアクセントがついています。パンツの収納袋と判断できるようになっています。
さて次はパンツの方を見てみましょう。

大きすぎて撮る場所がないので、畳んだ状態で撮っています。

ジャケットと同じ素材のロゴです。しただけでなく上からも開けるジッパーになっているのでベンチレーションとして機能します。この画像でわかると思いますが、表面の生地がジャケットと違います。

ベンチレーション開くとこんな感じです。これは良い。登山中に来たら絶対に蒸れますもんね!

もちろん腰の位置にゴムはついていますが、ひもでしっかり結ぶことができます。

下側をベンチレーションとして使うこともできるんです。ボタン占めたまま下からジッパーを開く感じになります。

ドローコードが足首についています。生地にガードがついていてドローコードを多用しても壊れないようになっています。

占めるとこんな感じでしょうか。ドローコードがぶらつかないように絞るためのパーツが固定されています。重要ですね。

パンツも同じくジャケットのように収納袋がついてきます。収納したときのサイズもジャケットと変わりません。収納袋の色でパンツとジャケットの見分けをつけることができるのが便利です。パンツは黒一色なので収納袋も黒。ジャケットは灰色(ジャケットの色による)です。

燕岳で使ってみた感想

まさかレインウェアを買った一発目の登山で使用することになるとは思いませんでした。思った通り伸縮性があり、動きやすいです。マジックテープ部も他のものと干渉しなかったのでよかったです。しかし実はこの燕岳登山で、約18000円もするパンツを初回で破いてしまったのです…。そちらの記事も後日追加しようと思います。燕岳の記事は下記からご覧ください!

燕岳に行ってきた2019!雨に降られのテント泊!

まとめ

今回はFinetrackのエバーブレスフォトンについてファーストインプレッションを語ってみました。レインウェア選び相当迷いましたが、これを選んで正解だったと思います。正直今まで、こんなに高価な雨具買ったことありません。高価な雨具ってやっぱり機能いいなと思いました。汗かいてもさらっさらなんですもん!もう少し使い込んでから、またレビューをしてみようかと思います。それでは、また次回!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です