🌸桜の季節ですね!今年はどこに撮影しに行きましょうか!🌸

logitech(logicool)のメカニカルキーボードTKL MECHANICAL K835中国仕様版(英字配列)の赤軸を買ってみた!

こんにちは!Hideyukiです!
PCデスク改造計画の一環で前から欲しかったメカニカルキーボードを買ってしまいました。冒険で日本では買えない英字配列のlogitechキーボードを中国から輸入してみたのです!

机を鬼改造しているのだ

冬はあまり趣味の写真撮影に出かけないとのことで、一枚板の机をDIYしてしまいました。DIYといっても一枚板買って塗装して既存の机に載せただけなのですけどね🤓これをきっかけにPC作業スペースを改造しようという気持ちになってしまいおしゃれキーボードの購入検討に至りました。ご興味あれば前回の記事もご覧ください。

【DIY】ウォールナットの一枚板をPCデスクにしてみた!木目・杢目が主張する極厚一枚板が美し過ぎる!

購入したキーボードと候補のキーボード

今まで使っていたキーボード

ロジクールのK270という激安ワイヤレスキーボードを今まで使っていました。K270は使い辛くないです。これを使って不便になることなんて正直感じません。これより高いキーボードを買うのは贅沢でしたが、今回買ってしまったんです。なぜならもっと机の上をおしゃれにしたいからです🤓🤓🤓

ちなみにデスクトップの画像は爪木崎で天の川を撮った時の写真です。記事としても書いていますのでご興味があればどうぞ!

静岡県、下田市爪木崎で灯台と天の川を撮影してきた!夜空を照らす大火球が写り込む記念すべき撮影日になりました!

購入したキーボード logitech K835

logitechのK835というテンキーレスのメカニカル式キーボードを買いました。キーボードには種類があって、メンブレン式、パンタグラフ式、メカニカル式があります。この中でメカニカル式ってちょっと高級で、でも使いやすいってことと音がかっこいいということで前から憧れていたんです。てことで今回はメカニカルキーボードを中心に候補を上げていきました。フルサイズで探していてlogicoolのK835はテンキーレスですが、見た目がめっちゃイカ🦑していて惚れてしまいました。しかもメカニカルキーボードにしては滅茶苦茶安いです。調べていくうちに英語配列のキーボードは見た目がすっきりしていてより自分好みっていうのが分かったので、Aliexpressという中国のネット通販サイトで個人輸入してみることにしたんです。日本版はlogicoolという名前ですが、海外ではlogitechというメーカー名ですので、購入したのはlogitech K835になります。かなり不安だったのですが、ちゃんと家に届いてよかったです笑。

青軸タイプもあるんですけど、私はあの青軸のクリック音が好きじゃないんです。五月蠅🪰過ぎると思うんです笑。

候補のキーボード

logitech K845

海外仕様であればK835のフルサイズ版、K845というのがあります。しかもイルミネーション付きです。フルサイズが欲しかったならこれを選ぶべきでは?と思うでしょうが、実はキートップのデザインが個人的にNGでした。如何🦑にもゲーミングキーボードのような見た目のフォントで、PCデスクの雰囲気を損ねてしまうと思ったのです。Amazonで一応取り扱いページがあるように見えるのですが、日本で売ってないはずなので買えるのかは不明です。

logicool MX KEYS KX800

ロジクールのハイエンドがKX800ですねBluetoothもUniflyingも使えるワイヤレス仕様でデバイス間の切り替えもできてすごい便利そうです。メカニカルキーボードに憧れが無かったらこれにしていました。まあいつか買いそうな気がします笑。

logicool MX KEYS KX700というテンキーレスタイプもあります。MX KEYSにするならテンキー有り仕様にしていました。

Razer Pro Type

ゲーミングパソコン用品メーカーのRazerから出ているオフィス用キーボードのPro Typeも候補に挙がりましたが、白仕様しかなく、部屋の雰囲気を考えると黒っぽいものが欲しかったので止めました。黒もあればいいんですけどねぇ。

Razer BlackWidow Lite

RazerのBlackwidow Liteは白のイルミネーションがかっこよくて良いのですが、文字が如何にもゲーミングであるというのを主張しています。なんて伝えればいいんでしょうか、、太字で、遺跡みたいなフォントなんですよねゲーミングキーボードの文字って。でもテンキーがあればこれを選んでいた可能性もあります。

FILCO Majestouch Convertible2

FILCOのマジェスタッチは昔から欲しかったものですが、いま改めてデザインを見るとちょっとばかし古臭くみえてしまいました。Bluetoothでフルサイズで茶軸・黒軸・赤軸・青軸・その他と性能で言えば最高なのですが、インテリアを工夫したい今日この頃で候補から外しました。

Aliexpressで英字配列のK835を購入

Aliexpressで中国からやってきた!

下の写真をご覧ください。中国からゴミ…いえ、キーボードが送られてきました。え…?これフリマアプリとかヤフオク!で購入したとかそうゆうモノじゃありません。中国のAliexpressで購入して現地のlogitech法人から配送されてきたものです。どう考えてもその辺の人が家にある適当な買い物袋を適当に入れて、シワとかどうでもいいから包んどけっって感じですwww

一様中身はプチプチに包まれています。いや…これもかなりの適当具合wプチプチで覆えてない部分があるんですがwwwまあ、中身が使えりゃいいんですよ!

プチプチをはがしたら中からグッドな状態の化粧箱?が出てきました。多少なりとも角はダメージうけていますけれども中身に損傷がある程度ではありません。中国版なので、中国名とか書かれています。まあこんな箱は即行捨ててしまいます!

開封!

開封しましたが、キーボードが入っているだけです。他に何も入っていません。思っていた通りのデザインでとてもかっこ良いです!英字配列もすっきりしていてイカ🦑してますね!まあ絶対使い辛いんですけどね…。

さすがに中身はちゃんとしています。適当な袋に詰めているというモノではないですwでもなんか袋が寄れているような…。気のせいでしょうか笑。本体はきれいな状態でしたので問題ありません!

外観と特徴の確認

スタイリング

今あるキーボードの中ではかなりカッコいいと思っています。個人的ベストなのを買ったと思っています。この色合いウォールナット一枚板のPC机に滅茶苦茶あっています。

裏面を見ると中国語表記で色々書かれています。K270の場合は樹脂で文字が書いてありましたが、印刷の変更で対応できるシールでコストダウンを狙っているんでしょうね?まあこの方が見た目はいいですし、コストは安くなるし、良いんではないでしょうか。裏面にはしっかりとゴム脚がついています。まあついてないキーボードなんてないでしょう。

キートップ表面がサラサラ

金型のシボで工夫しているのかキートップ表面がサラサラしていて、手に引っ掛かりません。いや、まあ引っかかって困った思いをしたこともありませんが笑。私は指先がべたべたに湿っていることってないですからね。。でもなんか触りごごちが良い感じがします。

※シボ: 樹脂の表面加工

メカニカルの土台

キートップの下にはメカニカルの土台がチラリズムしています。手前から見る限りは赤軸の赤が見えず、銅の接点部?が見えます。なかなかかっこ良いのではないかと思います。普通はメカニカルの中身の機構部分が見えないのですが、デザインを重視したのか透明ハウジングになっています。カッコいいです。裏から見ると赤がチラリズムしていて、個人的にはあまり見えて欲しくないです。裏、そして横からのぞくと赤が見える感じなので、目立たないのが良い感じです。

チルトレッグ

ロジクール及びロジテックの製品にはどれにでもついていると思いますが、K835も変わりません。チルトレッグを立てない状態で4度、チルトレッグを立てた状態で8度の角度がつきます。このキーボード、キーストロークが深いせいか、たてた方が使いやすいと思いました。前使っていたK270のときは膝にのせて使う場合はチルトレッグを立てていると使い辛かったのですが、K835は膝にのせて使うことはなさそうなので、たてたままで行きます。K270と比較するとチルトレッグの剛性も高そうで、はずれたりすることはなさそうです。

ロゴ「logi」

日本ではlogitechじゃなくてlogicoolなのでおそらく統一する為にロゴは「logi」になっているんでしょうか。最近はすべてこのロゴで統一されていますね。

logitech K835を設置する!

PCデスクに設置します。うん、かっこいいです。ナキウサギのぬいぐるみとか、置物とかおいてみました。北海道、大雪山旭岳に登った時に買いました。

デスクマット無い方がスマートなような気がしたので、外しても撮りました。有線のキーボードですし、移動もそんなにしないでしょうから、傷も心配ないかななんて思い始めました。

パソコンの背景は牛代の水目桜です。記事としても書いていますので、興味のある方はご覧ください!今年も桜の時期がやってきましたね。2022は福島にでも行こうかななんて考えています。

静岡県、樹齢300年の牛代のみずめ桜を撮影してきた!茶畑に囲まれた美しき大一本桜!

良かった点

イカ🦑したデザイン

やっぱりデザインがかっこいいです。プリントされている文字のフォントもなんだかイカ🦑しています。そしてウォールナット一枚板の天板にとてもあっているカラーリング!かなり満足しています。

メカニカルが良い!

メカニカル赤軸を選択しましたが、音がやっぱりいいです。打ちやすさとかいうより音に憧れてメカニカルにしましたがやっぱり爽快感のあるうち心地が気持ちいです。自分には赤軸よりも茶軸or黒軸の方があって板のではと思っているのですが、まあそこまで変わらないでしょう笑。ちょっと軽過ぎるかなーなんて思っています。いやでも、悪くはないです。

気になる点

有線接続がダサい!

やっぱり今の時代キーボードの優先接続はイカ🦑してないですね!正直なところ、この部分で購入するか結構迷いました!このキーボードが無線で発売されるのであれば即行買ってしまいそうです。高くてもいいので無線接続版が欲しいです。

テンキーがない

今まで使っていたキーボードってフルサイズのキーボードでしたが、今回初めてテンキーレス仕様のキーボードを買いました。テンキー有りでこの仕様があれば間違いなくそちらを選んだでしょうが、残念ながらなかったのでしょうがないですね。外国ではテンキー有り仕様でK845っていうのがあるんですけども、そちらはホワイトイルミネーション付きで文字が光ってさらにカッコいいと思いきや、フォントが違うんです。フォントが如何🦑にもゲーミング仕様の文字となっていて、売り文句もゲーミング向けとなっています。あのフォントがK835と同じであればそっちにしていました。

英字配列が使い辛い

いや分かっていたことですが英字配列は使い辛いです。特に記号を打つときいちいち文字を見ないとできません笑。エンターも小さいので、別キーを押してしまいがちです。これに関しては慣れが解決してくれると思っています。

まとめ

新調したメカニカルキーボードについて紹介しました。買わなくても全然問題なかったのですが、おしゃれなPCデスクにしたいというのと、前々からメカニカル式のキーボードを使ってみたかったというのもあって贅沢をしたのです。Aliexpressという中国のネット通販サイトから個人輸入するという冒険もしてみました。無事届いてよかったですね。使い心地は満足していますが、英字配列は慣れが必要ですので、時間が経つのを待ちましょう!

PCデスク改造計画はまだまだ終わっていませんので、これからも記事にしていきます。ご興味あればご覧ください。

それでは!

【DIY】ウォールナットの一枚板をPCデスクにしてみた!木目・杢目が主張する極厚一枚板が美し過ぎる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。